カイブログ

ジム通いはムダ。プリズナー・トレーニングだけやっとけ。byアメリカの囚人

ジム通いはムダ。プリズナー・トレーニングだけやっとけ。byアメリカの囚人

「ジム通いはムダ。プロテインも不要。そんなんでつくのは見せかけの筋肉だけ。」

今の時代にこんなことが平然と書いてある、衝撃的な本に出会いました。




プリズナー・トレーニング

1700円!たかっ!
と思いましたが、刃牙の「ビスケット・オリバ」の表紙に惹きつけられ購入。

ジムに通ってトレーニングしている自分にとっては、全てを否定されたような感覚でした…。

なぜならプリズナー・トレーニング、通称「囚人トレーニング」は、器具を一切使わず、自重のみで高負荷な刺激を与え、筋肉を肥大化させるというからです。

この本の著者、ポール・ウェイドは、ダンベルやバーベルを使うどころか、そんなもので鍛え上げた筋肉は「見せかけの筋肉」とまで言い切りました…。
モリ突きをする男性オイおれの筋肉、ダンベルやバーベルで鍛え上げたおれの筋肉、見せかけだったのかオイ。

プリズナー・トレーニングが生まれた背景

アメリカの刑務所内は弱肉強食の過酷な世界。

囚人同士の上下関係を決めるのは「強さ」のみ。

そんな世界で生き残る唯一の方法…。

それは…己の肉体を鍛え上げること。
トレーニングをする囚人しかし刑務所内には最新のジムもサプリも当然ない…。

そこで囚人達によって生み出されたのが…

囚人による究極の自重筋トレ「プリズナー・トレーニング」だというわけです。

プリズナー・トレーニングの利点

⑴器具をほとんど必要としない
⑵有用で機能的な運動能力を発達させる
⑶筋力を最大化する
⑷関節を保護し、より強いものにする
⑸完璧な体を開発する
⑹体脂肪レベルを正常化し調整する

ポール・ウェイドが挙げた、上の6つの利点を簡単に言い換えると、

・場所を選ばず、また器具やお金も必要ない
・見せかけではない、本当に使える筋肉がつく
・神経系が発達することで「筋力」も向上する
・関節も筋肉に比例して強くなる
・自然で健康的な、美しいプロポーションをつくる
・体脂肪を自然と落としていく習慣がつく

ということです。
これが本当ならメリットしかないですよね。

時間とお金をかけてウエイトトレーニングをやってきた意味…。ってなります。

プリズナー・トレーニングの『BIG6とステップ10』

⑴プッシュアップ
⑵スクワット
⑶プルアップ
⑷レッグレイズ
⑸ブリッジ
⑹ハンドスタンドプッシュアップ

6つともなんの変哲もない、むしろ有名すぎるくらいのトレーニングですが、それぞれ10段階のステップが用意されているのが特長です。

誰にでもできるステップ1から、神業レベルのステップ10まで、その難易度は天と地の差。
片手懸垂をする男性ステップ10にもなると、片手腕立て伏せや、片手懸垂片手逆立ち片足スクワットなど、どれも漫画でしか見たことがないものばかりです。

プリズナー・トレーニングで筋肥大するのか?

結局のところ気になるのが、プリズナー・トレーニングで筋肥大することは果たして可能なのか?

自分はまだ試してないのでなんとも言えませんが、この人はプリズナー・トレーニングのみでこの肉体を鍛え上げたそうです。
自重トレーニングで鍛えた男性ハンパなくないですか?笑

まさに最強の肉体…。

まとめ

とりあえず今後はプリズナー・トレーニングに専念し、その効果のほどを自ら試し、報告していきたいと思います!

それにしてもおれの筋肉達よ…見せかけだったのか…。

ジム…辞めてこよ…。笑




気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)