カイブログ

置くだけフロアタイルで床をDIY|安いおすすめタイルも紹介!

置くだけフロアタイルで床をDIY|安いおすすめタイルも紹介!

「DIYしたいけど、うちは賃貸だから…。」と諦めているあなた!諦めるのは早いですよ!

なぜなら今の時代、賃貸でも手軽にDIYできるアイテムが豊富に揃っているからです。

そこで今回は手始めに「フロアタイル」という商品を使って、床をおしゃれにDIYしてみました!




置くだけフロアタイルで床をDIY

今回使用したおすすめのフロアタイル

今回使用したフロアタイルがこちら。

置くだけで使い込んだヴィンテージ風の床が再現できる、おしゃれで個性的なフロアタイルです。

8種類のデザインのうち、今回は「アイアンウッド」を選びました!

裏面が床に吸着する素材になっているので、置くだけで簡単に床をDIYすることができます。

実は以前、雑貨屋をオープンさせるときにも同じフロアタイルを使用しましたが、このように良い雰囲気を醸し出してくれました!
雑貨屋の内装2やはりこのフロアタイルがコスパ最強だと思います!

(これより安いタイルもありましたが、デザインや質感が微妙でしたね…)

フロアタイルで床をDIYした手順

⑴床をきれいに掃除する

まずはフロアタイルを並べる床をきれいに掃除しましょう。

家具や家電も移動させて、この通りスッキリさせました。
フロアタイルを貼る前の床これで準備は完了です!

⑵フロアタイルを並べていく

到着したフロアタイル届いたフロアタイルを早速並べていきます!

部屋の端からどんどんタイルを並べていくだけ。

並べるのが楽しくて途中経過を撮るのを忘れてしまいましたが…

わずか数時間で完了!
フロアタイルを貼った後の床部屋の雰囲気がガラッと変わりましたね。

家具も並べるとさらにいい感じです!
フロアタイルと家具

フロアタイルの注意点

①タイプの違い

フロアタイルは今回使用した「置くだけ」タイプだけではなく「貼る」タイプも存在します。

そして置くだけタイプよりも、貼るタイプのフロアタイルの方が価格が安いんです。

しかし貼るタイプの方はきれいに剥がすことができないため、賃貸の部屋には向いていませんし、引っ越したときに再利用もできません。

そのため少し高くても繰り返し使える「置くだけ」タイプのフロアタイルをおすすめします!

②タイルのカット

フロアタイルを並べていくと、当然ですが長さが合わない部分が出てきます。

そのときはサイズを測ってカッターでカットするのですが、この作業が地味にめんどくさいです。

かなり簡単に切れるのですが、この作業ができそうにない人はフロアタイルでのDIYは向いていません。

(フロアタイルがない部分に家具を置いて隠すのもありです!)

まとめ

今回紹介した「置くだけフロアタイル」を使用すれば、賃貸でも手軽にDIYすることが可能です。

おしゃれな床に変えたい!という方は、ぜひ参考にしてくださいね!

【関連記事】




気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)