カイブログ

最新パリピ酒『クライナー』とは?味・度数・値段・飲み方を紹介!

最新パリピ酒『クライナー』とは?味・度数・値段・飲み方を紹介!

テキーラ、イエーガー、コカレロに続く、最新パリピ酒『クライナーファイグリング』

流行っているし飲んでみたいけど、どういうお酒かわからなくて不安だという方も多いと思います。

そこで今回はクライナーの味や度数、値段から飲み方についても詳しく紹介していきますね!




クライナーファイグリングとは?

クライナーファイグリング、略してクライナーは、ドイツ発の新しいスタイルのパーティドリンクです。

特徴は何と言ってもキュートなデザインの小瓶!


※実は500mlの大きな瓶もあります。

SNS映えすること間違いなしの可愛らしいお酒ですよね!

クライナーの味や種類は?

ショットで飲むお酒は味よりも度数が重視されがちですが、クライナーファイグリングは全部で7種類の味があります。
7種類のクライナーファイグリング①ストロベリーコラダ
②マジックマンゴー
③イチジク(オリジナル)
④バブルガム
⑤ココビスケット
⑥ラグジュアリー・ラクリッツ
⑦チェリー・バナナ

しかし自分のバーで酒屋さんから仕入れることができたのは、2019年3月現在、以下の2種類のみでした。

⑴イチジク(オリジナル)

クライナーファイグリングのイチジク味クライナーファイグリングの元祖でもあるイチジク味。

テキーラやイエーガーと比べると甘く、アルコール度数も20度と飲みやすいです。

イチジク味のお酒は珍しいですが、個人的にはライチリキュールと似た味に感じました。

⑵ココビスケット

クライナーファイグリングのココビスケット味イチジク味に引き続き発売されたココビスケット味。

ココナッツの風味が強いためか、とにかく甘い、甘すぎです。笑

アルコール度数は15度ですが、甘さでお酒感を感じないため、ある意味危険なお酒とも言えます。

クライナーのアルコール度数は?

クライナーファイグリングのアルコール度数は、イチジク(オリジナル)が20度で、その他が15度となります。

テキーラ、イエーガー、コカレロと比べると、最も低いアルコール度数となっており、量も20mlと少量です。
しかし共通して甘くアルコールを感じにくいため、飲みすぎないように注意しましょう。

クライナーの値段は?

クライナーファイグリングには、ガラスの小瓶に入っているオリジナルガラスタイプと、ペットボトルタイプの2種類があります。

しかしオリジナルガラスタイプの方が断然おすすめなので、そちらのリンクを貼っておきます。

価格はセット数によって変わってくるので、リンク先から確認してください。
(2019年3月現在、20ml×20本セットで3780円)

クライナーの飲み方は?

クライナーファイグリングにはイエーガーボムやコカボムのように特別な飲み方はありません。

一応カクテルにすることもできますが、パーティシーンでは小瓶から直接一気飲みするのが基本です。

クライナーはどの種類も甘みが強いので、カクテルにしたいときはソーダやトニックウォーターで割ってあげると、スッキリと飲むことができます。

イチジク(オリジナル)はグレープフルーツジュースやオレンジジュースとの相性も抜群ですよ!

まとめ

クライナーの情報を大まかにまとめてみます。

名称クライナーファイグリング
発祥ドイツ
原材料種類による
アルコール度数15度か20度
定番の飲み方小瓶から一気飲み

大流行間違いなしのパーティドリンク『クライナーファイグリング』

くれぐれも飲みすぎには注意しつつ、クライナーパーティを楽しんでくださいね!

ファスティング記事のバナー




気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)